-

ここは為替市場というものの基本要素についてのお話をしたいと思います。

為替取引を簡潔に説明すると「自分がキャッシュの送らないでも金銭授受の望みを為し遂げるやり取り」を言います。

よく為替の市場というとあらかた外国為替を言及する人が大半です。

外為を簡潔に説明すると国同士の通貨の交換を示します。

外国旅行(スペイン、中国、ベトナム、アメリカなど)をした経験があるならば、間違いなく外国為替の取引をしたことがあるでしょう。

近所の銀行で旅行先の国の通貨と取り替えをするのであれば、まさに為替なのです。

為替の市場というのは、買う側と売る側の値を意味するものです。

銀行と銀行の間でのやり取りによって決まります。

それがマーケットメイカーと言われている世界中にあるたくさんの銀行なのです。

為替の相場は周囲の働きかけを受けても休まずにいつでも変わります。

相場を変動させる要因というのはファンダメンタルズがあります。

ファンダメンタルズの意味は経済の基礎や要因のことを指すものです。

国ごとの経済の拡大や景気の状態、物価水準、国際収支統計、失業率、重要人物の言葉等のことが関係して相場は変化して行くのです。

特に国際収支統計や失業者数は重大と言われます。

貿易収支というものは、日本でいうと財務省の用命で中央銀行(日本銀行)貿易の統計をベースとして取りまとめた他国とのある期間の貿易を記したものです。

国際収支統計は行政機関や日銀のHP等で知ることができます。

雇用統計・無臭業者数も重要ポイントとなるケースが多い原因と言われます。

中でも米の就職者の統計はポイントとされます。

月一で公にされ調べる範囲が幅広い点が特性です。

為替のレートの推移はその国の経済の変動を指しているので。

経済の動きを検証することによって為替相場の動向予測が可能になると結論付けられます。

Category

リンク