-

私の愛用のカメラは、N社のダブルズームレンズがキットになって販売されていたデジタル一眼レフカメラです。一眼レフカメラでは、安いクラスです。趣味での写真撮影には、これで十分です。 昔からN社のファンで、フィルム時代にもN社製の一眼レフカメラを使っていました。シャッターを切った時の感触や背景のボカシなどはフィルム時代のままの良さがあり、デジタル化され、ランニングコストが掛からないのが、楽しみを倍化させてくれます。  望遠レンズ系なども、昔はオールガラスで重かったですが、最近はプラスチックレンズの多用で、軽くなっているのもありがたいです。  デジタル一眼レフでは、やはりレンズ交換時にゴミが入り、それが写り込んでしまう欠点は、昔のままです。ただ、デジタルでは、大事な写真なら後でゴミを気にならないように修正も可能だという利点があります。  その他にも、デジタル化により様々な修正テクニックを使う事も可能になっていますが、私は修正をしない主義です。やはり、カメラは光とその時々の表情を切り取る構図の芸術で、後での加工を多用するのは邪道であり、違った芸術世界になると思うからです。  講釈はこれ位にして、今日も良い天気なので、カメラ片手に散歩に出ようと思っています。

Category

リンク